• HOME
  • CLESC' 戸田店 Mens
  • コラム一覧
  • 直毛メンズ必見!「休日にいつものワックスでスタイリングしたくない!」「でも何もつけずに出掛けるのも何か嫌・・・」「ストレスの少ないスタイリング剤がほしい!」という方。ミロコラスバームがおすすめ!
img

ヘアケア 2020/07/01

直毛メンズ必見!「休日にいつものワックスでスタイリングしたくない!」「でも何もつけずに出掛けるのも何か嫌・・・」「ストレスの少ないスタイリング剤がほしい!」という方。ミロコラスバームがおすすめ!

こんにちは!石川です。
最近になって担当させていただいてるお客様方に、商品の相性が良さそうな方に声を掛けているものが需要ありそうなのでコラムにしてみました。

今回は、自社商品となる「ミロコラスバーム」のご紹介です。

バームというスタイリング剤は、基本的にボリュームを作る力や毛束を作り込む力がゼロに等しく、バター系やミツロウ・オイル類を主原料とし、髪に艶と潤いを与えながら軽い毛流れの動き程度が表現できる特徴の整髪料となります。
バーム自体、主に女性向けのスタイリング剤という住み分けの市場になっているんですが、これをメンズが使用することでどんな具合になるのか?試して見たらとても面白い仕上がりになったのでご紹介します!

今回の紹介は、髪質による相性がございます。また、イメージしているシチュエーションがあるので、本記事の紹介に共感していただける方がいらっしゃいましたら、よい休日をお過ごしできるかもしれません。

《イメージシチュエーション》
例えばお休みの日に。
「特別な予定はなく、ちょっとしたお出かけや人と会う予定があったりした際の身だしなみを整える場面で、いつもの仕事の時用のワックスやジェルだと固すぎたりキメすぎになるから付けたくない。」
「でも何もつけずにバサバサのまま外出するのも何か嫌・・・。整髪料付けたいけど、休日に髪形を固い整髪料で作るのはなんだかストレス・・・。」

そんなことを考えたことがある貴方!

《アンサーシチュエーション》
「身だしなみとして髪を整えてる感が演出出来て、なんとなくな毛束とツヤが生まれて、でも全然固くならないスタイリング剤を使う」
「固くないから頭皮ストレスもゼロ!」
「夜のシャンプーでもスタイリング剤を落とすのが超絶楽チン!」
「時間が経つと消える程度の、ほんのりグレープフルーツっぽいシトラス系の香り!」

魅力を感じてきましたか???

では紹介していきます!行ってみましょう〜〜〜。





あ、言い忘れました。

本記事は、直毛の方向けのご紹介です!直毛のみなさん必見です!

癖っ毛の方は・・・度合いにもよりますがほぼ相性良いと思っていません。あしからず!

まずは直毛の方のノースタイリング状態から。

img

とあるお客様にご協力いただきました。
カットが終わって仕上げブローが終了した状態です。
スタイリング剤は付いていません。
直毛の方の仕上がり状態の特徴としては、写真ぐらいの長さだと毛先の乱反射によってツヤ感などが出てこない状態になり、髪質は良くても見た目がパサパサになりやすいですよね。
カットで長持ちさせる為の仕込みとして梳きを多く入れると特にこんな感じになりやすいですね。

これを使います。自社商品「ミロコラスバーム」

img

商品紹介をしっかりしないと社内の誰かからお叱りがあるかもしれませんが〜・・・今回は省略しますwww

ミロコラスバーム 48g 2200円 です!

内容量の割に値段たっけー!と思ったあなた!次が大事なところなので見てください!

使う量は、こんなもん。

img

石川の人差指ですが、爪の半分の面積ですくった量がイメージです。これだけの量で良いんです!
ちなみに色々工夫して測ったんですが、この写真の量だとおよそ0.3gでした。
48g中の1回使用料が0.3g・・・160回分ということでしょうか・・・。
ほんのちょっと多くて0.5gだとしても96回分。

メンズだけの毎日使用計算で、最大3ヶ月〜5ヶ月分くらい使える感覚ということですね!

コスパが良すぎる!!!

髪にひたすら振りまくって付けていきます。

img

付け方のポイントとするための目的としては、
「ガチガチにキメた髪型にしたくない」
「スタイリング剤による頭皮ストレスをゼロに」
「身だしなみを整えてるように演出できればOK」
という目的なので、メンズへの推奨は、
「毛先・髪型の表面」というイメージで付けて
「根元・頭皮寄りには付けない」が推奨です。

なので、できるだけ毛先や表面に触れるようなイメージで手を振りまくって付けていきます。

めちゃめちゃ振りまくって付けてください。目安としては、初めての時は全体を目安30秒以上振りまくってみてください。塩梅がわかるようになります。

後頭部も忘れずにつけましょう

img

付ける範囲の目安としては、帽子を被って隠れるような範囲には付けておくことをおすすめします。
また、もみあげや襟足、後頭部の下部あたりは付けなくて大丈夫です。

この微々たる変化量が、意外と需要がある演出なんです!固さゼロ!

img

写真上部がビフォー。
写真下部がアフターです。

毛束とツヤ感が見えますでしょうか?一切画質加工していないので、少し見えにくいかもしれませんがこんな感じです。
そして写真だと伝わらない固さですが、スタイリング力ほぼゼロのバームを使っているので、基本的に地毛の髪質のままの具合になっています。

ほんのり身だしなみを整えて、休日もストレスフリーで髪を綺麗にして過ごしませんか?

img

全体の仕上がり感です。同じアングルで撮るの苦労しました。。。。
写真だと伝えるのが難しい質感の話にしてしまってるとは思います。

ですが実際に来店してくださる方に紹介してみると、シチュエーション的に共感していただける直毛の男性が多く、使い方が限定される紹介にも関わらず購入される方が多くてびっくりするぐらいだったのでコラム化してみました!

さいごに。

これらの紹介は、石川個人が使用方法を見つけて実践しているものになっています。興味ございましたら是非石川までご相談ください。
カットとの連動性もあるので、石川を指名していただけてる方には相性も含めてご案内させていただきます。

自社商品のミロコラスバームですが、石川が売りすぎてしまった(?)のか、在庫が少なくなってしまっています。
次回生産がいつになるのか未定なので、他店の在庫から取り寄せてご用意する場合もあり、時期によってはお待ちいただくこともありそうです。

相性が良さそうな直毛の方、シチュエーションに共感していただける方、よろしかったらバームを使ったこんな過ごし方はいかがですか?





ではでは、石川でした!