img

カテゴリ未設定 2020/04/09

冬の乾性フケ原因と対策 (`・ω『+』

いまの季節、細かいフケで悩みなどありませんか?

濃い色の服が着れない、、なんてことに悩まれる方も多いと思います。


フケとは、頭皮の新陳代謝が活発になることで、古い角質細胞がはがれ落ちたものをいいます。


種類も乾燥タイプと脂漏タイプがあります。(`・ω・´)ゞ


乾燥タイプ・・・パラパラと乾いた感じのフケ
洗髪のしすぎ、無理に頭を強くかいたりすると出る


脂漏タイプ・・・頭をかくと爪に溜まる状態、本格的な予防や治療が必要なこともあります。


気候の変化でフケが出る理由として。


夏は湿度が高くジメジメ。


冬は湿度が低く乾燥しやすい。


実際には、フケの直接の原因は湿度や気温そのものではなく、頭皮の状態にあります。


気候の変化で、普段の皮脂量が増減します。


夏は脂性フケ、冬は乾性フケが出やすくなるのも、この皮脂量の増減が関係しているからなのです。


冬にフケが出やすい理由


冬は空気が乾燥しているからという理由もありますが、実は冬場に気温が下がることで毛細血管が細くなり、血流を悪くなります。

そのため頭皮の皮脂の分泌が低下して頭皮がさらに乾燥しやすくなるわけです。


原因①
寒さによる血行不良

血行不良は血液中に含まれる栄養や水分や皮脂が頭皮に十分に届きづらくなってしまい、新陳代謝が正しく行われず皮脂の分泌が減少し、頭皮の潤いが損なわれるので乾性フケの原因になります。

改善方法
⑴ブラッシングや頭皮マッサージなどをシャンプー前にすることがポイントです。適度にブラシを頭皮に優しく沿わすようにマッサージ感覚で髪を梳かします。この一手間で血行改善が見込めます。

⑵美容院でのヘッドスパ
美容院でのヘッドスパは気持ちよくマッサージしながら頭のコリをほぐしますので血行改善が見込めます。


原因②
高温シャワーやシャンプーのしすぎ

冬場は熱いシャワーを浴びたくなりますよね。
しかし、38度が頭皮にとって適温と言われている髪や頭皮にとって、40度超えのお湯を浴びる行為は必要以上に頭皮の皮脂を落としてしまうため乾燥に繋がります。

改善方法
高温でのシャワーは避けましょう。38度に設定してシャワーを浴びるようにしましょう。また、頭皮はシャンプーをしっかり泡立てて、爪を立てないように指の腹で優しく揉むように洗髪すると頭皮に優しいです。


これかの季節は寒さや乾燥でパラパラと乾いた感じのフケが出やすい時期なので、シャンプーを刺激の少ないものにかえたりなどが良いです。


気になる方は戸田店スタッフにご相談ください(^-^)/


岩倉でした。

3.艶

4.ダメージ